施工実績

溶接工法:
出張先作業
施工名:
ロータリーキルンタイヤ亀裂部溶接補修工事
  • 補修品全景写真。

  • 2PT検査にて亀裂を確認する。
    正面及び右側面。

  • 3正面及び左側面。

  • 4ガウジングにて亀裂を除去。
    開先加工を行う。

  • 5亀裂を完全には除去しません
    でしたが、肉厚50㎜に対し
    40㎜程度掘り込みました。

  • 6

  • 7補修箇所をバーナーで炙り
    予熱処理を行う。
    予熱温度:250~300℃

  • 8溶接完了。
    溶接はピーニングを行い
    残留応力を除去致しました。

  • 9補修箇所をバーナーで炙り
    後熱処理を行う。
    400~450℃を30分保持。

  • 10グラインダー仕上げ後PT検査
    を行い溶接欠陥のない事を
    確認致しました。

  • 11溶接補修完了。
    正面及び左側面。

  • 12補修完了。
    正面及び右側面。

  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

カテゴリ一覧に戻る
PAGE TOP